rensenware





先日から話題になっている東方星蓮船で2億点以上を取ってクリアを要求するマルウェアを制作した人物がなんと自分自身がそれに感染し、自ら東方星蓮船Lunatic2億点チャレンジを行うハメになった模様。





 










方星蓮船ルナ2億点クリアマルウェア、作者はファンへ冗談で作ったと説明。

製作者の思惑も判明したこの星蓮船マルウェアですがなんと作者自身もこれに感染してしまった模様。
以下IGNさんの記事より。






Kotakuで尋ねられた作成者は「東方Projectのアニメやゲームが好きなファンへの冗談として作った」と説明している。彼は「RensenWare」がこれほどまでに拡散しており、自分自身のコンピュータも感染することになるとは考えなかったようだ。

感染してしまった彼は、その後無効化ソフトウェアを作成し、最初に「RensenWare」が流れたGitHubに公開した。公開と共に謝罪をし、要求しているスコア以上の点を取ることができるのか尋ねられた時は「うっ、あー…無理だ」と答えている。





結果、どうやらクリアできず、マルウェアの無効化ソフトが出来たということらしい。
自分で作ったマルウェアに対して「無理だ」という発言をさせるあたり、東方星蓮船、というより東方projectはそんなに甘くないということを世界に知らしめたのではないでしょうか。












事の起こり。





rensenware



【東方】東方星蓮船のLunaで2億点取らないと、PC内のあらゆるデータが使えなくなるウイルスみたいなものが実在することが判明




東方 射命丸